事業内容SERVICE

不動産から可動産へ

不動産から可動産へ

BUS HOUSEは、バスを改装し、キャンピングカーより大きく機能性が高い“動く家”です。
移動しながら暮らす未来を想像してみてください。ある日は、自然豊かな場所へ、ある日は、都市部でショッピングに。
出先で誰かと偶然仲良くなるかもしれません。疲れた日には眠る直前まで、星を見て休むのもいいでしょう。
家族が恋しくなったらすぐに会いにいくことだって。定住から解放され、固定されたコミュニティから解放され、より自由に、自然に、なめらかに移動できる世界を作っていきます。

バス改装の様子

バス内装の様子

渋谷にあるコワーキングスペース「100BANCH」のプロジェクトにして採択されました。
メンバー総出でデザインから施工を担当しました。

ライフスタイルにあわせた内装デザイン

ライフスタイルにあわせた多様な内装デザイン

2019年8月現在、3台のBUS HOUSEを保有しています。それぞれのバスごとに「アクティビティを想定した和空間」など内装コンセプトを策定し、可動産における次世代のライフスタイルを提案していきます。

宮崎県日南市での記者会見の様子

宮崎県日南市での記者会見の様子

2019年1月に、宮崎県日南市と連携し、BUS HOUSEの展開を推進しています。